FC2ブログ

セット1

ボスナイターに行く予定で、いってきたものの夕方少しだけ雨。
アメダスも、雨予報なのでやめました。
もっとも、先日走っていたので無理に走る必要もなかったので。

T井さんが、何気に新しいXceedのボディで走っておりました。
デザインは、結構格好よかったのですがサイドラインは塗装するには少し泣きが入りそう。
動きは、シビックとDNAの中間ぐらいといっていたので、少しアンダー気味なのかな??
とりあえず、近々手に入るかもしれないのでそのときに試してみようと思います。


最近というか、時々クラッチはどうしてます??
と聞かれるのですが、何もしてないですよ、ノーマルです。
としかいいようがありません^^;

シリオパワークラッチに、スプリングは無限スーパーハード。
後は、何も変わりません。
無限スーパーハードは、基準点がわかるのと使い慣れているのが理由。

振り子とか押し出し式とかも、私は大して差がわからない(全然というわけでもありませんが)ので、気にしません。
唯一気にしてるのは、クラッチシュー。

無限や京商のだと、多少なりとも加工しないと好みの感じがでないですし、加工すると同じものを作るのが難しい。
となると、つるしでそのままつかえるのが一番重要。
なので、シリオクラッチのブルーシューが一番気に入っているので、これがクラッチを使う理由。

締め込み量はどうしてます??
ときかれますが、これも実に難しい・・・。

まず、前回最後に走ったままのセットでとりあえず走ります。
で、タイヤの減り方と2速のアップポイントをみながら、ホィールスピンしないぎりぎりまでクラッチを少しずつ締めます。(or緩める)
なので、どのぐらい締めこみます? といわれても、毎回変わるので答えられないというのが正しいです。

ホィールスピンするのに、締めていってもパワーが伝わらないので無駄ですし、逆に路面にパワー食われ気味の時に、締め込み量甘くするとアクセルレスポンスがいまいちになってくるので、こうなるとぎりぎりまで締めこんでいきます。

速い人の意見きくと色々あるみたいですが、面倒なことははっきりいってしたくないので^^;
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント