FC2ブログ

デフセット

デフのセットですが、基本的に私の場合はフロントからセットしていきます。

といっても、最初はどのぐらいの数値がいいのかわかりませんが、私の場合は大体フロント8万~30万。
リアで、4万から10万の間からはじめます。

大体、初物のマシンで粘土がわからない場合は、セットシートは無視してデフサイズにもよりますが、8万、6万ぐらいではじめてます。

まず、走行してみてコーナーからの立ち上がり、ストレートの伸び、初期のマシンの曲がり方、アクセルオンでマシンが乱れないかがポイント。

基本的に、フロントデフを硬くしていけばいくほどコーナーでの直進性が高くなっていきます。
イメージでいえば、コーナーを丸く曲がれる状態を標準として、そこから硬くしていくとアクセルいれた瞬間にステアリングを切った方向に進む特性がどんどん強くなっていくので、アクセルオンの瞬間にフロントが左右に振られる感覚が強くなります。
この状態で扱いやすくてタイムがでれば別にそれでもいいですが、コーナーでの失速もしくは立ち上がり時にパワーが食われてくるとスピードの伸びも悪くなりますし、燃費にも影響がでてくるのですこすつ硬度を調整しながら、扱いやすいポイントを探します。
ただ、そのような状況に陥ると、パワーロスが発生する分、意外にコーナーリングが楽になったりします。
が、エンジン負担が結構でかいので、その場合はやはり柔らかい方向に戻したほうがいいと思います。

コーナーでの立ち上がりの加速、失速感、扱いやすさが自分の好みに合ってきたと思ったら、そこからリアの粘度を変えます。

リアは、柔らかくすると大体アクセル抜いたときにリアが滑りやすくなってきますし、硬くすると曲がらなくなる傾向が強くなりますが、アクセルオンでリアがスライドしやすくなります。
なので、コーナーの立ち上がりでケツがですぎるなら柔らかくすればいいですし、アクセルオフでスピン傾向がでてきたら硬くする、アクセル入れても曲がらない場合は硬くすればいいと思います。

ただ、前後のバランスもありますし、スプリングやその他のセットの兼ね合いもあるので、上記のように動かないことは当然あります。


私の場合は、曲がる&加速で失速しない限界点まで、フロントは固めてしまいます。
ここは、個人の経験によるものでしかつかむことができないと思います。
後ろは、その時々のリアのスライド量を調整したいときに変更してます。

タイムを出したいなら、とにかく前に出るマシン作りが欠かせないと思ってますので、そうなるとクラッチ&デフはかなり重要かなと思います。

あまり、世間でこの番手がいいとかいうのにとらわれずに、自分の好みの数値で決めていけばいいと思います。
速い人でも、デフの粘度が結構ばらばらです。

粘度決めるのが面倒なら、フロントリジットにすれば後ろだけでいいので粘度で悩む必要はないと思いますが、各部の消耗品は覚悟しましょう。

なお、あくまでもデフの観点だけでの私のセット方法です。
当然、足回りも含めたトータルセットでマシンは決めましょう。

先日の私みたいに、ちゃんとマシンメンテしてないと何やっても無駄です^^;
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント