FC2ブログ

100%完成

NT1、すべて完成しました。

一部だけ、標準と組み方が違います。

91208-4.jpg

ステアリングロッドとリアアッパーのロッド部分には、京商のパーツを使ってます。
これは、純正パーツだとガタが結構多いためです。
京商の部品だとガタは出ませんが、少しだけ動きが渋くなります。
好みで選べばいいと思いますが、私はガタが嫌いなので、京商パーツをチョイスです。
動きの渋さは、私の中では十分の許容範囲です。

91208-1.jpg

スタビ固定のロッドは、片方は調整式にしてます。
出ないと、リアのリバウンドストロークの調整が面倒なので。
片方だけ調整できればいいと思います。
なお、スタビ本体はKMのアジャスタブルです。
(ピアノ線は、あまり好きじゃないのよね・・・)

91208-2.jpg

メカ類は、スイッチは信用してないので私は毎回コネクタを接続するようにしてます。
配線は不要な部分は全部カットしているので、かなりすっきり仕上がってます。


後は、重量あわせのために真鍮バッテリープレート、OPTの燃料タンク下のウェイト、ダンパーは純正ダンパーを組んだのだけど、動かないのでナックにしているぐらいです。

サーボと受信機は、今回はすべてサンワ。
サーボについては、早速HVS-ZSをチョイス。

6.0V駆動で、フタバ451より少し速く感じます。
(全開で左右にすばやくステアリングを切って、その速度で見てます。
7.4V駆動は・・・、速すぎますね。

今まで、サンワサーボで速度が気になっていた人は、もう新しいサンワのサーボと組み合わせて使っても遜色ないです。

私は、レギュレータを使いたくなかったので、リポ対応サーボにしましたが、別にブラシレスでスーパーレスポンス対応サーボもありますが、そっちの速度はいったいどうなるんでしょね。

個人的に、こちらでも十分過ぎるぐらい速いと思います。

ただ、以前もそうでしたがサンワのデジタルサーボは、ジリジリと音がするので不快に感じる人いるかも??


91208-3.jpg

ボディは、最近お気に入りのA5。
なお、標準のワイドバンパーは小型のタイプに交換してます。

ワイドバンパーだと、ボディのリップ下にバンパーが出てしまいます。
これだと、多分空気の巻上げが起こってフロントが浮き上がってしまうんじゃないかと勝手な想像です。
カンナムだと、リップより下にバンパーがでてしまうとフロントが浮いてしまいますからね。

しかし、個人的にくみ上げたことで十分満足してます。
正直、走らせるのも好きですが、マシンそのもの組むのも好きなので、新しいマシンに手だすのは単に自分が組みたいだけ??って気がしないでもないですが^^;

今回、新品タイヤ・ボディ・燃料空の総重量が約1780g。
タイヤが減ると、約40gなくなりますので1740gを確保。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

タイヤ

タイヤ減ると40グラムも軽くなるんですね!10グラムぐらいしか変わらないと勝手に思い込みしてました。。。

No title

いよいよ完成ですね、シェイクダウンが楽しみですね。私は今全てを一新しようと考えてます。